読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若さ使いはたして

日々の記録

 いよいよダメである.心身の状態がよろしくない.どうにも集中が続かない.作業していても進捗がまるで得られない.しかし,つらつらと思い返すに,今までの人生で調子がよかったことなどなかったかもしれぬ.多分,なかったのだろう.だから,そもそも調子がよいとか悪いとかを云々する資格など私にはないのだろう.などと繰り言宣うていやがってらっしゃってござり侍るに,日は昇り,日は沈む.進捗はない.2017年が始まったと思ったらもう1月が終わろうとしているのに,だ.時間だけが過ぎる.最近センター試験などというものがあったので思い出したが,私が大学に入学したのはゼロ年代であった.ゼロ年代,今は遠く,なりにけり.概ね五七五である.あの頃の私は今と変わらず阿呆であったが,少なくとも若さがあっただけ救いがあった.今や若さを使い果たし,当時微かに見えていた気がした救いなどというものの行方は杳として知れない.あるいは,救いなど,初めからなかったのかもしれぬ.今も昔もただの阿呆,それだけのこと.

 STUTSの「夜を使いはたして」という曲が好きで,最近よく聴いている.

STUTS - 夜を使いはたして feat. PUNPEE (Official Music Video)

とくに,

安物の夜を使いはたして
気付けば君が行方不明

というところが好きだ.

 それはともかくとして,若さを使いはたして,私だけが行方不明だ.周囲の人は,皆,「何者か」になっていく.客観的に見て,なかなか厳しい状況にある人もいる.でも,彼らは努力していて,自分を支えてくれる人間関係のシステムをちゃんとつくっていて,その上で自分の勝負を続けている.経済的自立は言うに及ばず.とてもかなわぬ.やんぬるかな.普段使わない言葉だが,なかなかよい響きだ.やんぬるかな.