読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路のおじさんの感傷が今日も電脳空間に放たれる

zzz

なんでもない話を書こう. と,思い立ってキーボードに手をかけたものの,とりたてて書くことがない.「〜がない」というぐらいだから,「〜はある」とか続けると文章のリズムがよいわけだが,生憎とネタがない.だいたい今の私には何もないのだ,とか感傷的…

カタカナの「センス」

zzz

人物の評価にカタカナの「センス」という言葉が用いられるときがある.センスがある,センスがない,センスが良い,センスが悪い,等々.こういった文脈での「センス」は,往々にしてどこか神秘的な雰囲気をもつがその内実がわからない,やっかいな未定義語…

コーヒー,あるいはカネと宗教と代替医療

zzz

時々,ドトールなどでコーヒーを飲みながら作業する.自宅ではサボってしまうし,図書館は苦手だし,というのが理由だが,改めて文字に起こしてみるとひどい理由だ.どんなところでも集中できる人になりたいものだ. ちなみによく行くのはドトールだが,ファ…

自分を確立するライフハック

zzz

人を批判することを通じて(時には批判というより単に罵倒することを通じて)自分を確立するライフハック,弊害が大きすぎる. 生まれてこのかた,心身に不調があるときにこのライフハックを実践し後で落ち込むことを繰り返している.ここで重要なのは,私は…

general topologyさんにメッセージが1件届いています.

zzz

なーにが "general" topologyだ.Hausdorffばっか扱いやがって.ちゃんとspecific topologyって名乗れや!

業の深そうなアカウント巡り

zzz

Twitterで業の深そうなアカウント巡りを延々として時間を溶かすことがある.こんな行為自体大変業が深いわけで,「業の深いアカウント」呼ばわりなど笑止千万なのだろうけれども.「業の深さ」なるものを見たいなら鏡で手前の面でも眺めてろ,とかなんとかい…

天才の所業に

zzz

天才の所業に目をまわしているうちに,何者にもなれないままに死んでいく.目をまわす暇があったなら,凡才なりにやるべきことがあったはず.虚しい.